私の仕事道具一覧と、それぞれのアイテムを使う理由

普段、働く場所の記事に続いて、普段持ち運んでいるものについて話していこうと思います。

ご覧いただければわかりますが、持ち物は非常にシンプルなものです。

1:MacBook Pro(256GB)

私のメインの仕事道具です。

基本的に、どこにいく時も持ち歩いているメインの仕事道具です。

記事執筆やウェブメディア編集、メールの送受信や売り上げの確認など、私の業務全てをこの1台でまかなっています。

以前は、持ち運びの際の利便性から、軽いMacBook Airを使っていたのですが、朝起きたら突然反応しなくなり、買い換えた経緯があります。

運よく、一週間ほど前にバックアップを取っておいたので最悪の事態は免れましたが、一週間と、パソコンの復旧にかけた1日の仕事に当てる時間が一気に飛んで行ってしまいました・・・。

ただ、MacBook Airが壊れる、それ以前は、1年近くバックアップをしていなかったので、ヒヤヒヤしたのを今でも覚えています。

ただ、数百グラムの違いではあるものの、重くなってしまい、少々、持ち運びに難を感じることが多くなってしまいました・・・。

ただ、現在製品として出荷されている、MacBookシリーズの中では、軽い方だとは思いますし、使い勝手が良いので気に入っています。

ちなみにMacBook Proは、Touch Barのついている製品とTouch Barのついていない製品がありますが、Touch BarなしのMacBook Proの方が、バッテリーの持ちがいいらしいので、Touch Barのついていないタイプにしました。

私がMacBookを使い続けている理由

マック製品に乗り換える以前はOSがWindowsの環境でパソコンを使っていたのですが、MacBookAirが出たあたりに、はじめて触れた際、その直感的な操作感覚が気に入り、そのまま移行してMac製品を使い始めました。

それからというもののMac製品を愛用し続けています。

当時は、パソコンを開いてすぐにタイピングができるなど起動力の速さがすごく気に入っており、Mac製品に切り替えた大きな理由の一つに「使いたいときにすぐにパソコンが使えるから」という理由をあげていました。

マックにWindowsの環境を入れることもできますし、不自由なく使いこなせていますが、Mac製品に切り替えた当初は、まだまだ使えないソフトがあったりと非常に苦労をした覚えがあります。

2:iPhone XR(256GB)

私のメインの仕事道具の一つとしてiPhoneを使っています。

iPhoneはヌルヌルと動きますし、シンプルでガチャガチャしていない感じが気に入っています。

Evernoteなどのツールを利用して、メモを書きためたり、出先などで、思いついたアイデアをその場でメモをする際に重宝しています。

私がiPhoneを使い続けている理由

Apple信者というわけではないのですが、メインとなる仕事道具はApple製品で固めています。

あくまでメインで利用しているパソコンが、MacBook Proのため連携しやすいからですね。

3:マウス

マウスもメインで持ち運んでいるツールの一つです。

マウスは色々と使ってみたのですが、現在は「Logicool ロジクール ANYWHERE 2S MX1600sGR」というマウスに落ち着いています。

MacBook Pro本体のtrack padでも操作することはできるのですが、デザイン系のソフトを使うときや、緻密な作業が必要となるときに利用する頻度が高いです。

その他、Excelなどのソフトを使うときやwebメディア編集の際などにも重宝しています。

私が「Logicool ANYWHERE 2S」を使い続けている理由

マウスにあまり機能性は求めていないのですが、膝の上で転がしても、わりと正確に反応したり、平らではないところでも使用できるところが気に入っています。

商品説明にあるようにガラスの上でもトラッキングできます。

手のなじみもよく、MacBook Pro同様に、今では手放すことのできないマウスとなっています。

・・・ただ、たまに飛びますけどね(笑)

4:ほぼ日手帳

スケジュール管理などは、ほぼ日手帳で管理しています。

別に紙の手帳じゃなくてもいい気がしますが、仕事をする相手によっては、やはり手帳を使った方が印象が良い場合もあり、そうしたケースにも対応できるように紙の手帳を使うようにしています。

紙の手帳は、思いついたときにささっと手書きでメモをとることができるので便利だと思ったりもします。

私が「ほぼ日手帳」を使い続ける理由

何でしょう・・・相手のことを考えて、ですかね。

スケジュールなどは、デジタルで管理できますし、デジタルの方が便利ですが、何となく周りの雰囲気や調和を考えて、利用しています。

5:iPod touch

音楽を聴いて雑音を排除し、仕事に集中したいときなどに利用しています。

現在は定額制の音楽配信サービスもあったりと、iPhoneで音楽再生の役割を補うことができるのですが、音楽再生専用の端末として使い分けています。

私がiPod touchを使い続ける理由

カフェなどで仕事をしていると、たまに大声で話すお客さんや、気の散るような会話が飛び交うこともあるので、そうしたときにシャットアウトし、集中できる環境に持っていくことができます。

その他、どうしても気分が乗らないときなどに音楽をかけて気持ちを高めて作業に集中するようにしています。

まとめ

以上が私が普段メインで持ち歩いているものです。

特別、変わったものを持ち歩いているわけではなく、また限りなくシンプルにしているわけでもありません。

仕事自体はほとんどMacBook ProとiPhoneで完結することができますし、中には必ず必要なものではないアイテムも含まれています。

仕事自体はMacBook Proが一台あれば完結できますから、究極的にはMacBook Proだけ持ち歩けば仕事には支障はありません。

ただ、仕事環境を整えるという意味では必要となります。

私の場合は、必要な持ち物というよりかは、仕事をする環境を持ち運んでいるようなイメージでしょうか。

自由な働き方を手に入れた私の「7つの働く場所」と、それぞれの場所での働き方について

今でこそ、自由な場所で自由な働き方をする生活を送っていますが、具体的にはどんな場所で、働いているの?という質問を頂く機会もあります。

そこで、今回は、私がどんなところで働いているのかについて、お話ししていこうと思います。

1:カフェ

現在は、カフェで仕事をする頻度が一番高いかもしれません。

私が主に利用しているのはスターバックスです。

理由としては一番使い勝手が良いからという理由からです。

Wi-fiも繋がりますし、長く滞在することができるほか、どこにでも大抵あるからです。

私は、喫茶店が好きなのですが、小さな喫茶店(個店)の場合は、どうしても長時間いたり、パソコンを開いて仕事をするのが、遠慮がちになってしまうケースもあります。

居心地はいいものの、パソコンを開いて仕事をする環境には向いていないケースがどうしても出てきてしまい、そうしたことを容認してくれる喫茶店を探すのが面倒だからという理由もあります。

もちろん、例えスターバックスなどの全国で展開しているチェーン店であっても、込み合う時間帯や、迷惑となるであろう時間帯は避けています。

さらに、重要なメールを送る際や極めて秘匿性の高い作業をしている場合は、フリーのWi-fiなどは使用せず、セキュリティがしっかりと整えられた環境でメールの送信や、作業をしています。

記事執筆作業やウェブメディア編集作業がメイン

カフェで仕事をする場合は、記事の執筆作業や、私が抱えているウェブメディアの編集作業がメインの仕事となっています。

また企画を練ったり、戦略を見直したり、ただ何もせずにコーヒーを飲みながらぼうっとする時間に当てる場合もあります。

普段の仕事場から離れて作業することで、ひらめきやヒントがふとした瞬間にポンっと出てきますので、そうした感性は非常に大事にしています。

私はビジネスには、人と違った切り口や、センスなどのアートの要素が大事だと考えていますが、それがカフェで作業をしていると、自然と生まれてくることがあります。

2:ホテル

ホテルで、仕事をすることも多いです。

特に仕事に集中したいときなどに頻繁に利用します。

ホテルのグレードは特に関係なく、スイートルームなどの大きな部屋ではなく、出来るだけ物音が聞こえない、小さな部屋の方が仕事に集中できます。

環境を変えて、仕事に集中するためだけに、ホテルで仕事を進めるため、あまり高価な部屋を借りても大して意味がないという理由もあります。

広い部屋、狭い部屋、色々と試してみましたが、私にとって広すぎる部屋は、仕事には相性が悪いようです。

仕事に集中したいときに活用するのがホテル

ホテルで仕事を行う際、特に決まった仕事はないのですが、戦略を練り直したり、ビジネス上、何か重大な決定を控えているときに、利用する機会が多いように思います。

カフェとは違い、資料をバサッと広げることもできますし、人目を気にすることなく仕事に集中できるので、仕事を整理するときにもよく利用します。

いつもと環境を変えることで、気分転換にもなりますし、ホテルでの仕事は冷静な判断ができるように思います。

3:ホテルのラウンジ

ホテルのラウンジは、待ち合わせ時などによく利用します。

パソコンを開いて仕事をしていても、周りに溶け込んでいる感覚と、程よい雑踏感が好きで、ホテルのラウンジでないと湧かないアイデアもあったりと、なかなかに重宝する場所です。

ホテルのラウンジは、作業をする上でも程よく集中できる場所なので、非常に利便性が高いと思います。

仕事の打ち合わせ、アイデアを生み出す場所

ホテルのラウンジは、仕事の打ち合わせはもちろん、アイデアを生み出す場所として活用しています。

複雑になった物事を整理したり、ざっくばらんに様々なお話ができるのも魅力的な場所です。

4:空港のラウンジ

空港のラウンジは、旅をする時に利用します。

ただ、ものすごく集中できるかといえばそうではなく、どこか浮ついた感情で利用することが多いので、メールの確認であったり、簡単な作業や、ちょっとしたウェブメディアの編集作業などをする際に利用します。

どうしてもやらなくてはいけないことや、ささっと済ませたいときに利用する

空港のラウンジは作業に集中できるという方もいますが、私は全く集中できません。

もちろん、それぞれの空港によっても違いますし、国内か、海外かでも変わって来ますが、今のところ、あまり集中できる環境にはないと感じています。

5:旅館

たまに、旅館でも仕事します。

旅館のいいところは、時間通りに、ご飯が部屋に運び込まれてくることですかね(笑)

ただ、旅館は私の中では、仕事をする場所というよりも、仕事から離れる場所として活用していますので、利用する頻度は低いです。

ホテルは放って置かれる感覚が好きなのですが、旅館はどこか、気を使ってしまうんですよね・・・。

もちろん、進捗を確認するためにも旅館にパソコンを持っていきますが、旅館では仕事というよりも確認作業がメインだったりします。

例えばメールを開いて確認したり、ウェブメディアの状況を確認したり、売り上げを確認したり、メディアの分析などにあてることが多いです。

非日常の中で、アイデアを刺激する場所が旅館

日常を過ごしている場所とは、対極にある非日常的な場所というものは意識的に確保しています。

例えば私は、旅を日常にすることもできますが、あえて旅を日常にすることはしていません。

旅は非日常の中にあるから、日常の中に取り入れたときに、感情を動かされるものだと思っていますので、旅を日常にすることはしないようにしています。

もちろんそこらへんは、柔軟に考えていますので、日常にする必要性があればするでしょうし、臨機応変に対応しています。

6:コワーキングスペース

コワーキングスペースはあまりいきません。

以前、頻繁に利用していることもあったのですが、コワーキングスペースによっては、妙に仕事に干渉してくる方もいたりと、仕事に集中できないケースも多いからです。

仕事をしにきているのに、仕事に集中できないのは本末転倒ですので、いつの間にか距離を置くようになってしまいました。

ただ、海外のコワーキングスペースは非常に仕事がしやすいと感じます。

気分転換に使うコワーキングスペース

コワーキングスペースは気分転換に仕事をするには最適だと思っています。

いつもとは違った空気感で仕事をしたい・・・というときには、スポットで利用するようにしています。

・・・と言っても最近では、一年でも数回利用程度ですが・・・。

もちろん、これは私の感覚になりますので、人によっては、コワーキングスペースの方が集中できるという方も少なからずいるはずです。

7:自宅の書斎

自宅の書斎は主に夜、利用します。

自宅には小さな娘がいますので、日中の利用には向いていないからです。

小さなお子様がいるご家庭では、自宅で集中して仕事をするのは不可能だと思います。

よほど、防音性に優れ、頑丈な鍵をかけるような書斎にしない限り、不可能だと思います。

私も子供が生まれるまでは、自宅の書斎で仕事を・・・と思っていましたが、子供が生まれたらもう無理です(笑)

泣いていたり、子供が叫んでいたら(笑)どうしても気になってしまいますし、仕事には向かないかなと。

そうしてストレスを溜めるくらいなら、外で仕事をした方がよっぽどいい・・・というのが私の結論です。

・・・構いたくなってしまうという私の性格上の問題もあるのかもしれませんが(笑)

重大な決定や高いセキュリティが必要となる作業は書斎

今後のビジネスを左右する、極めて重要な決定をするときは、夜、自宅の書斎で一人こもって決めています。

うるさいところで勢いで決めるのもいいですが、静かな環境でじっくりと決めたいときや、決めなくてはならない時などは自宅の書斎を利用しています。

ウェブメディアの編集長でもあるので、それ以外でも、ウェブメディアの編集作業をしたり、執筆作業をしたり様々な用途で利用しています。

今後仕事場にする可能性のある場所

また現在、仕事場にはしていないものの、今後仕事場にする可能性のある場所について記していきます。

オートキャンプ場

オートキャンプ場は今検討中です。

春と秋は土に触れながら仕事をするのもいいものだと聞くからです。

季節が限定している理由としては、夏は季節柄キャンプ場が混み合ってしまうのであまり向かず、冬は寒くて仕事には向かないからというのが主な理由です。

夜暗くなったら寝て、朝明るくなったら起きるという、自然のリズムに体を委ねることで、ビジネス上のアイデアも生まれてきやすいと聞きますので前向きに導入を検討しています。

まとめ

今こうして書き出してみましたが、特別、どこで仕事をするということはありません。

その日の気分で、仕事場を決めています。

あと、これは自分が体験してみて、不思議なことなのですが、働く場所や時間が自由になればなるほど、働く場所が限定されてくるように思います。

どこでも働ける、いつでも自由なときに働けるようになればなるほど、決まった場所で働くようになるという、この矛盾・・・。

少しおかしな気もしますが、これが真理なのかもしれません(笑)

仕事を辞めて副業に集中すべきか、それとも会社員として働きながら副業をするべきか

本業以外で、副業からビジネスを始められる方も今は本当に多くなっています。

かくいう私も、副業から始めたということもあり、この手の話には非常に敏感です。

「仕事を辞めて副業に集中するべきか、それとも会社員として働きながら副業をするべきか」

それに対する私の答えは明確です。

「はじめのうちは、働きながら副業をするべきです」

これ以外に選択肢はないと思っています。

会社員として働きながらでも起業(副業)はできる

今の時代、「副収入を得る選択肢」は非常に多くなっています。

ですから働きながらでも、起業し「副収入を得る」ことは簡単にできます。

特に私のようなインターネットの世界は「時間」「場所」にとらわれない、働き方をすることができます。

ビジネスは、初めからうまくいくことなんて、非常に稀有なケースですから、リスクヘッジのためにも、はじめのうちは会社員として働きながら、時間をつくり、ビジネスを回していく感覚を掴むべきだと思っています。

こんなに便利な時代に、あえて、安定した収入を放棄して、会社を辞めて、起業をする選択の一択にする理由が思い当たりません。

会社員として働きながら、自分のビジネスを持ち、副収入が安定してきたり、ビジネスを回す自信がついてきてから、会社を辞める選択肢を検討するくらいがちょうどいいと思います。

副業だろうと、中途半端な気持ちではつとまらない

もちろん副業であろうとビジネスは、ビジネスですから、真面目に真摯に取り組むべきです。

副業だからといって手を抜いていては、いつまでたっても、本業を上回るような副収入を得ることはできないでしょう。

中途半端な気持ちで取り組んでいると、ただ、時間だけを浪費してしまい、何も身につくことはないと思います。

ですが、いきなり会社を辞めて、独立してうまくいくほどこの世界は甘くありません。

会社員としてどれだけ成功していても、独立してからも成功するとは限らないからです。

会社員として成功する方法と、独立して成功する方法は同じ「成功」出会っても方向性が全く異なるからです。

独立は決して焦らないことが肝心

今は、副業を容認している会社もありますし、10年前と比べて選択肢も増えました。

何より起業するためのハードルが、非常に低くなっていると感じています。

自分のビジネスを持つというハードルが低くなっていると表現してもいいかもしれません。

最終的に、現在の私のように、自由に働き、「自分の好きなことを仕事にする」という選択肢をお持ちの場合も、独立を焦ってはいけません。

出来るだけ、少しずつ、小さく始めてみて、それをスケールしていく。

それが大事な心構えなのではないかと思います。

例えば、会社員として働きながらでもできることはたくさんある

例えば、将来的に自分のお店を持ちたいと考えている場合、週末だけ、営業するなどの方法も検討できます。

私の知っているお店でも、普段は会社員として働きながら、不定期にお店を開ける飲食店も知っています。

流行っていますよ。そのお店。

いつも閉まっているのに、一旦お店を開けると行列ができています。

一応、お店の前に、次はいつお店を開ける予定など張り紙でアナウンスはしているようですが、お店を開けるとたくさん人が入っているのをよく目にします。

長期的なプランで考えること

私も、自由な働き方を手に入れるまでに10年かかっています。

その10年の間に、成功したり、失敗したりする方をたくさんみてきました。

会社を辞めて本業にしてしまい、結果としてそれがうまくいったケース。

なんとなく、うまくいき始めたから会社を辞めたが、うまくいかなくなってしまった人。

たくさん知っています。

成功する人を見るたびに私も、焦ってしまい、なかなか気持ちの整理がつかなかった時期も私にだってあります。

会社を辞めて、早く起業して本業として集中してしまった方がいいのではないか・・・そう思ったことは一度や二度だけではありません。

しかし、人生は短距離走ではありません。長距離走です。

うまくいく時もあれば、うまくいかない時もある。それが真実です。

だから決して焦らないでください。

私のように最終的に自由な働き方を目指していても、まずは働きながら、土台を作り、それから移行するという形の方がいいと思います。