事業で大きく成功する3つのタイプ

「なぜ、私よりも能力的に劣っているのに、あの人は成功しているのだろう・・・」

「成功した彼と、私は一体何が違うんだというんだろう・・・」

あなたも、そんな疑問を持ったことはありませんか?

今回は、少し趣旨を変えて、私が世の成功者や結果を出している人とお会いする中で見えてきた、そんな疑問に答えられる内容の記事を、書いていこうと思っています。

今回お話しする内容は、巷に溢れる自己啓発本のような内容ではなく、私がたくさんの方にお会いする中で経験によって得た知見です。

つまり、私が様々な業界の一流と呼ばれる方とお会いし、お話ししていく中で気づいた成功する人に見られる3つのタイプのお話しになります。

自己啓発本のようなどこかで聞いたような焼き増しされた内容ではなく、実体験に基づく、成功するタイプの人物像や性質と捉えて頂いてもいいかもしれません。

ただし、今回お話しする内容は、あくまで、持ち合わせている共通の性質や特徴などをまとめた「タイプ」になり、傾向の話になりますので、直接あなたの事業に役に立つものではないかもしれません。

ですが、あなたが今後おつきあいしていくく相手を見極める上では、大切なことになると思いますのでお話ししていきます。

★事業を大きく成功させる人の3つのタイプ

私は、大きく成功する人というのは大体、以下の3つのタイプに分けられると思っています。

それは下記の3つのタイプです。

【事業で大きく成功する3つのタイプ】

1:実力者
2:運もあって実力もある
3:強運の持ち主

では、このうち、どのタイプが一番事業で成功するのでしょう。

また、事業で大きく成功する確率が高いのでしょうか?

もちろん、それぞれが手がける事業によっても、これらの傾向は変わってきますが、全体を大きく見渡すと、大きく成功する人の傾向が見えてきます。

その分野において「実力のある人」でしょうか?それとも「運もあって実力もある人」でしょうか?それとも「実力を超越した強運の持ち主」でしょうか?

様々な異論反論はあるかと思いますが、私はこの中でも大成功をおさめる人というのは「3:強運の持ち主」だと思っています。

ちなみに、私の知見だと、続いて「運もあって実力もある」最後に「実力者」と言ったように大きく成功する確率が高いタイプになります。

【事業で成功するタイプのうち大きく成功する確率が高いタイプ順】

1:強運の持ち主
2:運もある実力者
3:実力者

また、どのタイプが世の中の成功者で多いのかという順番で並べると下記の通りになります。

【世の中の成功者の3つのタイプで数が多い順】

1:運もある実力者
2:実力者
3:強運の持ち主

ではそれぞれのタイプはどのような人のことを言うのでしょうか?

下記から、詳しくそれぞれの方に当てはまる傾向や内容を見ていきます。

★1:事業で成功するタイプ1:実力者

実力者というのは、そのままで本当に実力だけでのし上がってきた人です。

実力者は、事業で成功する3つのタイプの中で2番目に数が多い存在です。

【タイプ別の数の多さ順】

1:運もある実力者
2:実力者
3:強運の持ち主

この手のタイプは、非常に熱心な勉強家であることが多く、様々なところから情報をキャッチしています。

数年、何十年と、時間をかけて着実に業界を研究し、鍛錬を重ね、経験を積み、勘を養ってきたタイプがこの実力者のタイプです。

実力者のタイプは、大器晩成型が多く、なかなか成就しません。

けれども、うまくいかない中で、もがき、苦しみ、経験を積み、数年、数十年と確実に実力をつけ、成功を手繰り寄せていきます。

「実力者は」一旦成功すると、長い時間をかけて培ってきた経験により舵を取れるので、ちょっとしたことで崩れることはありません。

「実力者」は3つのタイプのうち、成功するまでの期間は長いですが、一度成功すると、それを踏み台にして、着実に大きく事業を育てていく才覚があります。

「運もある実力者」や「強運の持ち主」ほどの派手さはありませんが、事業を細く長く続けている人が多いのも実力者の特徴といえます。

▼実力者は、熟練度が上がるたびにカンが冴えてくるのが特徴

「実力者」は、ある程度の経験を積むと、勘が冴えてきます。

その勘が、運を手繰り寄せ、成功を確実に引き寄せ次第に成就していきます。

事業がなかなかうまくいかず、もがき苦しむ経験を知っているので、相手に対して納得のいくような説明ができる一方、経験と勘の中から導き出した言葉を、なかなかうまく伝えられず苦労することもあります。

膨大な知識や経験の中で培ってきたもののため、内容を整理するのが苦手なのです。

▼事業の相談をすると地に足のついたアドバイスをもらえる

また、事業を行う上での苦労を知っているので、非常に堅実に事業を進めていきます。

そのため、事業の相談を行うときは、この手のタイプに相談すると地に足のついた現実的な回答をしてくれるので参考になる部分は多いと思います。

▼一歩一歩着実に積み上げていくタイプが実力者

自分の経験と勘が頼りなので、経験と勘を養い着実に進めていくことによって、大きく事業を成功させられる確率が高いのが「実力者」のタイプです。

鍛錬の上身に付けた、経験や勘が頼りになるので、経験のない分野で新しく事業を始めると非常に苦労します。

つまり積み上げていくタイプが、実力者にあたります。

一発逆転のようなものや、すぐに結果を残すことは苦手ですが、少しずつ大樹していくので、積み上げた事業は、なかなか崩れることはありません。

★2:事業で成功するタイプ2:運もあって実力もある

事業で成功するタイプの中で一番多いタイプが運もあって実力もある「運もある実力者」タイプです。

【数の多さ順】

1:運もある実力者
2:実力者
3:強運の持ち主

いいとこ取りと言われてしまえば、それまでですが、運と実力をバランスよく兼ね備えている人物です。

「運もある実力者」は、細かくみていくと、「強運の持ち主」に傾いているタイプと、「実力者に傾いているタイプ」がいます。

どちらに傾いているのかによって、事業が大きく成功するのかの確率は大きく分かれてきます。

▼「強運の持ち主」に傾いているタイプ

「運もある実力者」の中でも「強運の持ち主」に傾いているタイプは、何もしなくても、非常にタイミングよくうまい話が転がってきます。

また一見すると「実力者」と変わらないことをしていても、なぜか事業がうまく成功していきます。

トントン拍子に成功することが多いのがこのタイプです。

事業をうまい具合に乗り換えることで成功することもあり、そのタイミングが非常に絶妙で、絶好のタイミングで新しい事業をつくっていけます。

ただし、運を自分の実力と勘違いしてしまうことも多く、その冷静な判断能力に長けているかどうかで、その後の事業の発展性が変わってくるように思います。

▼「実力者」に傾いているタイプ

「運もある実力者」の中でも「実力者」に傾いているタイプは、しっかりと裏付けされた知見をもとに次々に事業を手がけ成功していくタイプです。

勘が鋭く、なぜ、そうなのかをわかりやすく説明できるのが得意で、堅実に事業を拡大していきます。

運も持ち合わせているのでうまいタイミングで、新しい事業のアイデアが降ってきたり、一つの事業の中で新しい試みをしたり、様々なことにチャレンジをしていき、当初思い描いていた方向性とは違う形で大きく成功していくこともあります。

実力者に傾いているタイプは、コンサルタントなどに向いている方が多い気がします。

★3:事業で成功するタイプ3:強運の持ち主

強運の持ち主とは、ただ単に「運がいい人」です。

平たく言えば「超ついている人」といってもいいかもしれません。

「天才肌」と表現してもいいかもしれません。

「強運の持ち主」は、事業で成功する3つのタイプの中で一番数が少ないタイプになります。

【数の多さ順】

1:運もある実力者
2:実力者
3:強運の持ち主

つまり、ここでいう、事業で成功するタイプのうち一番希少な存在が、「強運の持ち主」です。

▼成功した理由を言葉で説明できないことが多い

この手のタイプは、成功した理由を言葉で説明できないことが多いです。

全ては後付けの理由です。

偶然成功したとしか説明できないことが多すぎるからです。

たまたま時代が「強運の持ち主」のしていることと交差したとしか思えないことが多くあります。

▼必要なものが、必要な時に集まる不思議

「強運の持ち主」は、不思議なことに、何か新しいことを始めるたびに、都合のいい話が舞い込み、それをどんどん引き寄せていきます。

また、それをどんどん形にしていくので、スピードやビジネス展開が早く、自分の実力とは関係なしにどんどん事業を展開していきます。

何か新しいことを始めようとするたびに、タイミングよく必要な人材が集まったり、協力者が現れるため、その人の「器」次第で大きく成功している方が多い気がします。

▼崩れるときは早いがすぐにリカバリーしお金に困ることはない

ただし、この手のタイプだった場合、周りに、経営センスのある方でガッチリ固めると事業が非常にうまく回りますが、そういう方がいない場合は、勢いだけで事業を新しく立ち上げては、既存の事業が崩れ、を繰り返していくかたも多い気がします。

また、突拍子もないアイデアで周りを沸かせたり、周囲を振り回してしまうことも多いので「強運の持ち主」の下で働く人は苦労することが多いです。

ただ、どんどん新しく事業を起こして回していく能力には長けているので、次々に新しいことを考え、はじめていきますので、お金に困ることはないような方が多いです。

▼理屈では説明できず、相手に教えることが苦手

ただし、間違ってもこの手のタイプに事業の相談をしないほうがいいと感じます。

「やればできる」や、「やらないと始まらない」、「結果は後からついてくる」などの言葉遊びで終わることが多いからです。

真剣に相談をしても、具体的な解決策を提示してくれることは少なく、ある種の根性論で終わってしまうことが多くあります。

「強運の持ち主」は、言葉では表現できないような、独自の勘(センス)で物事を考え、勘で勝負を仕掛けるため、言葉で説明することができないからです。

もちろん、それらは事業を成功させる上で非常に大事なパーツの一つなのですが、現実の事業は複雑怪奇に絡み合っているもので、そうした当たり前の事実や言葉では片付けられないことが多くあります。

けれども彼らは、強運であるがゆえに、そうした困難も偶然が重なりやすやすと切り抜けていきます。

▼「強運の持ち主」の話は勇気付けられるものの参考にならないことが多い

ちなみに巷に溢れる書籍で語られていることは、この強運の持ち主のタイプが多く、またメディアに取り上げられるのも、強運の持ち主であることが多いです。

ただし、メディアによって「強運の持ち主」に分類されるように歪曲して伝えられていることもありますので注意が必要です。

メディアが流す情報は、エンターテイメント性を求めるあまりに、大げさに伝えられたり、感動できるような、ある種のストーリーを持たせて流されているからです。

▼行動が派手で勢いがあり魅力的にうつる

「強運の持ち主」の特徴として非常に派手で勢いがあります。

メディアも一般的な人や「実力者」のような地味な存在ではなく、そういう「希少な存在」や、どこか「変わった人」を好むので紹介されることが多く、「強運の持ち主」の意見や考え方がメディアを席巻しているような印象があります。

突拍子もないアイデアが豊富で、常に時代を捉えた、事業展開をし、ビジネス展開をしていきます。

▼「強運の持ち主」は、偶然当たったことが多い

「強運の持ち主」の手がける事業は、ほとんどのケースで、成功した全ての理由は後付けに過ぎないことが多い気がします。

平たく言えば、「たまたま」当たったです。

偶然、水脈を見つけ、そこから水を引いてきたら村ができたような話であることが多いです。専門的に見てみても、なぜ、成功できたのかは、「偶然」に過ぎないようなことが多いです。

▼異なる2つのタイプがタッグを組むこともある

また、表に立っている人は、実力者で、裏でそれを「強運の持ち主」が支えているケースもあります。

そうした場合は、表に出ている人が「実力者」であっても、「強運の持ち主」の力により、大きく成功している人が多い気がします。

★事業で成功する人+アルファ:スーパーマンタイプ

また、非常に稀ですが、「強運の持ち主」で、さらに努力家で実力者の能力を身に付けている人もいます。

この手のタイプは本当に無敵なタイプと言っても過言ではありません。

実際にお会いしたことはないので、なんとも言えないところですが、誰もが知っている歴史に名を連ねるような、大企業の創業者などがこのタイプに分類されると思います。

松下幸之助、スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグなどがいい例です。

★まとめ

今回は、私の実体験に基づく、成功する人の特徴や性質の話をしました。

異論反論はあるかもしれませんが、私の実体験に基づく話をしているので、巷に溢れる書籍よりも、現実感のある事実に基づいた内容になっているものと自負しています。

【事業で成功する3つのタイプ】

1:実力者
2:運もあって実力もある
3:強運の持ち主

あなたが事業で成功している場合、いずれかの場合であることが多いような気がしますので、当てはめて考えてみるのも楽しいと思います。

SEO対策で上位に表示されやすいコンテンツにするために必要な1つのこと

私が、たくさんの方とお話しさせていただく中で、いまだに、SEO対策を勘違いしている方がたくさんいらっしゃることに随分と驚かされます。

以前の記事でも述べましたが、SEO対策は検索ユーザーの悩みを解決するユーザーファーストの最高のコンテンツを作成することで結果的に上位表示されるものであり、不当に検索結果を上位表示させるものではありません。

確かに、今から15年くらい前は、簡単なSEO対策を施すことですぐに検索エンジン上に、いとも簡単に上位表示させることはできましたし、そうした特別な対策を施して上位表示させる方法をSEO対策と呼んでいた時代もあります。

しかし、時代は変わり、今はそうした方法は一切通用しなくなったといってもいいでしょう(そもそもそうした方法が、通用していた時代の方がおかしいのです)。

★最大のSEO対策は、潜在ニーズまで的確にとらえた最高のコンテンツを作成すること

今の時代、そして、これからの時代は、潜在ニーズまで的確にとらえたユーザーファーストの最高のコンテンツを作成し、検索ユーザーに届けるということを第一に考えることが大事です。

現在のSEOは、しっかりとサイトを設計し、丁寧にコンテンツを作成していくことで検索上位に表示されやすくなっています。

そして、この流れは、今後も続いていくことでしょう。

だからこそ、ウェブの業界で勝負するためには、ユーザーのことを考えて真剣に最高のコンテンツを作成していく必要があります。

ただし、最高のコンテンツを作成するだけでは不十分で、作成したコンテンツをGoogleが正確に評価しやすいように最適化していかなくてはなりません。

厳密にはGoogleのクローラーが巡回しやすいようにコンテンツを最適化していき、インデックスを最適化、コンテンツの評価を促していきます。

・クローリングの最適化:クローラーが回遊しやすいようにサイトを設計する
・インデックスの最適化:コンテンツが適切な評価を受けやすいようにサイトを設計する

世間一般のただ単に検索結果の上位に表示させる方法をSEO対策といったような誤った認識と違い、私はこの一連の作業をSEO対策と呼んでいます。

つまり、最高のコンテンツを作成し、さらにGoogleに正確に評価をしてもらう数々の施策のことをSEO対策と呼んでいます。

つまり検索ユーザーの満足度を最大限に高めた、ユーザーファーストの最高のコンテンツを作成することが、何よりもまず第一にあり、そのコンテンツを正確に評価してもらうために数々の施策を行うことが、私の中でのSEO対策であり、そこにSEOの本質があると捉えてください。

▼誰に向けた、どんな悩みや問題を解決するためのコンテンツなのかを明確にする

だからこそ、あなたが作成したコンテンツは、どのような人に向けたもので、どのような人の悩みや問題を解決してあげるものであるのかをGoogleのクローラーに認識してもらい、正確にインデックスしてもらう必要があります。

対象となる検索ユーザーをキーワードによって絞り込み、ユーザーファーストの記事となるように狙ってコンテンツを作成し、適切な評価を受けられるように施策を施すことでSEO効果を最大限に高めることができます。

つまり、狙うキーワードによっては、時間がかかるかもしれませんが、最高のコンテンツを作成した上で、Googleが適切な評価をしやすいようにコンテンツを最適化していけば、検索結果の上位に表示されやすい傾向があります。

★SEO対策として踏まなくてはならない2つのステップ

大雑把に言えば2つのステップを踏むことで、Googleにコンテンツを適切に評価してもらい検索結果に上位表示してもらうように評価を促していきます。

【SEO対策の2つのステップ】

1:ユーザーファーストの最高のコンテンツを作る
2:Googleが評価しやすいようにコンテンツを最適化する

もちろんそれぞれの作業は、細かく見ていけば非常に緻密な作業が必要ですし、サイト全体はもちろん、コンテンツを作成するにあたって、綿密な設計が必要となります。

つまり、潜在ニーズまでを的確に捉えた、ユーザーファーストの最高のコンテンツをユーザーに届けることは大前提としてあり、それ以外にもGoogleに適切に評価をしてもらう設計が必要となっていきます。

★なぜ、最高のコンテンツがSEO対策として有効なのか?

もちろん、なぜ、そうした検索ユーザーの潜在ニーズまでとらえたユーザーファーストの最高のコンテンツが今、SEO対策で大事で、上位表示されやすいのかには理由があります。

またGoogleは常に、検索結果を最適化するために定期的にアップデート(検索結果の最適化)を行なっていますが、それはすべてGoogleのポリシーに基づいて作成された最高のコンテンツをユーザーに届けることに集中させています。

もちろん、私からみてもGoogleは間違った動きをすることもありますが、それはGoogleの判断基準がそうした動きに向いているだけであり、Googleの目標としているウェブの世界に寄り添った動きをしています。

なぜSEO対策として効果的なのか理由を説明することはできますが、今回の記事では、それを解明することが趣旨ではありませんので省略させていただきます。

今回の記事で私が伝えたい最大のポイントは、ターゲットを絞り込んだユーザーファーストの最高のコンテンツを作成することによって、あなたのサイトを訪問したユーザーの満足度が上がり、結果的に上位に表示されやすくなると言うことです。

また、検索結果に上位表示されるだけではなく、検索ユーザーの満足度を高めることで、質の高い被リンクをもらいやすくなったり、サイト全体を隅々まで見ていただくことができるようになるので、コンテンツ作成者が意図した行動をとってもらいやすくもなります。

★SEO効果を最大限に高め、検索上位を独占するために意識をするべき2つの相手

私がSEO効果を最大限に高めたユーザーファーストのコンテンツを作成する上で、常に頭に抱いている相手が2つあります。

それは「検索ユーザー」と「Googleのクローラー」です。

1:検索ユーザー
2:Googleのクローラー

以上の2つの相手です。

今作成しているコンテンツ(記事)は、

・ユーザーの役に立つものであるか?
・ユーザーが読みやすい構成になっているか?
・ユーザーの問題を解決することができるか?
・ユーザーの悩みを解決できるのか?
・ユーザーの満足度を満たす内容になっているか?

また、今作成しているコンテンツ(記事)は、

・Googleが適正に評価しやすくなっているか?
・Googleのクローラーが回遊しやすい構成になっているか
・Googleに適切な評価を促すものになっているのか?
・Googleが読みやすいものになっているか?

などを常に頭に置いて、出来るだけ第3者の視点でコンテンツを作成するように心がけています。

では、それぞれの相手に対して、具体的にはどのようなことを考えて作成しているのかについて下記からお伝えしていきます。

▼1:検索ユーザー対策

言うまでもなく、第一に検索ユーザーのことを最優先してコンテンツを企画し、設計、作成していきます。

検索ユーザー対策は、大雑把に言えば、そのキーワードによって訪問してくれるユーザーに対して、他のコンテンツに負けることのない、最高のコンテンツを届けると言うことです。

だからこそ、コンテンツを作成するときは、自分が検索ユーザーだったら、どのようなコンテンツが欲しいと思っているのかを考え抜き、検索ユーザーの悩みや問題を解決できるようにコンテンツを作成していきます。

ただ注意したいのが、すでにあるコンテンツの真似事だけではいけないと言うことです。

Googleに適切に評価をしてもらうためには、同じキーワードでも、切り口を変えるなど、独自のアプローチが必要となる他、現在では、コンテンツの独自性(オリジナリティ)が必要になります。

▼2:Googleのクローラー対策

もう一つ、大事なのはGoogleのクローラー対策です。

どんなにいいコンテンツを作成しても、Googleの適切な評価を受けなければ、検索上位に表示させることはできません。

つまり、ユーザーファーストの最高のコンテンツを作成したら、次にSEO効果を最大化させるために、Googleのクローラーがコンテンツを隅々まで回遊し、適切に評価しやすいように設計し、緻密な施策を施してあげる必要があります。

最高のコンテンツを作ることはもっとも大事ですが、それと同じくらいSEO効果を最大化させるための数々の施策が非常に重要になってきます。

私の場合は、コンテンツを作成しながら、Googleのクローラー対策を施していきますが、それでも、コンテンツを作成した後に、何度も見直し、チェックを行います。

SEO上、気になる余計なものはないか、ガチガチに固めすぎていないか、より自然なものになっているのか等、コンテンツとのバランスはしっかりと取れているのか等、様々な視点や角度からチェックしていきます。

・E-A-Tも無視できない

また、現在は、E-A-Tと呼ばれるような評価基準をGoogleが持っていることも見逃すことはできません。

E-A-Tとは下記の評価基準のことを言います。

【E-A-Tとは】

Expertise(専門性)
Authoritativeness(権威性)
Trustworthiness(信頼性)

現在のウェブの環境下では、より専門性や権威性、信頼性が重視されているのでサイト全体を設計する上でこの動きを見逃すことはできません。

市場によっては初めから太刀打ちできないケースもありますので、事前にしっかりとリサーチを施し、サイト全体のコンテンツを企画設計していきます。

特に現在のウェブの環境下では、YMYL領域でSEO効果を最大化させる場合、個人のサイトでは不可能なケースも多く、サイト設計の見直しが必要となったり、切り口を変える必要があります。

※YMYLとは「Your Money or Your Life」の略語です。
Googleの基本方針としてはユーザーの利便性を高めるコンテンツを検索結果の上位表示にさせることに重きを向いていますので、ユーザーの利便性を最優先として考える必要がありますが、特にYMYL領域では、情報の規制が厳しくなっています。

• ショッピングや金銭の取引に関するもの
• 投資や税金、家の購入など資産運用に関するもの
• 医療、健康関連
• 政治や法律、新しい科学技術
• その他養子縁組、車の安全性など

詳細については「検索品質評価ガイドライン(https://static.googleusercontent.com/media/guidelines.raterhub.com/ja//searchqualityevaluatorguidelines.pdf)」を参照してください(英文です)。

医療分野など生命の危険を及ぼす可能性がある分野に置いては、特にこの流れが顕著で信頼性のあるサイトであることが第一優先事項として大事で、個人サイトではSEO上評価を下げられることが多く、どんなに対策を施しても検索結果の上位に表示させることが難しくなっています。

また、SEO対策として専門家を監修につけなければならないという方法がありますが、それだけでは不十分です。

Googleは常に学習をしていますから、今はそうした、その場しのぎの対策が有効であっても将来的にはSEO対策として不十分なケースがほとんどでしょう。

★SEO対策は最高のコンテンツを作成するだけでは不十分

これまでの話からもわかるように、ユーザーファーストの最高のコンテンツを作成すれば自然と人が集まると言うのはいささか傲慢な意見です。

もちろん大前提として、検索ユーザーが潜在ニーズまでを満たすことのできるユーザーファーストの最高のコンテンツを作成していく必要がありますが、実際は、それだけでは不十分で、そのコンテンツを検索ユーザーに届けるために、検索ユーザーとGoogleのクローラーに向けて、数々のSEO対策と言う施策を施していかなくてはなりません。

ステップ1:ユーザーファーストの最高のコンテンツを作成する

ステップ2:SEO効果を最大化せるための施策を行う

ただし、いずれのステップにおいても、基本的な姿勢として、常に検索ユーザーを第一に考え、最高のコンテンツを作成すると言うことは変わりありません。

何度も言っていますが、最大のSEO対策は検索ユーザーのことを考えたコンテンツを作成することで、それ以上でも以下でもありません。

▼SEO対策を施したコンテンツとSEO対策を施してないコンテンツの結果ははっきりと現れる

試しにユーザーファーストの最高のコンテンツを作成してみるとよくわかります。

同じ内容、同じ結論で、一方は、ただ、何も考えずに、ユーザーをただ満足させるだけに重点をおき、最高のコンテンツだけを作り、もう一方のコンテンツは、しっかりとGoogleが評価しやすいようにSEO対策を施した記事の作り方をしていきます。

するとどうでしょう。

私の経験での話になりますが、Googleに適切に評価をしてもらうように施策を施した方の記事コンテンツは、狙ったキーワードで上位表示され適切な評価をされているのに対して、何も施策を施していない方の記事は上位表示されず、狙っていないキーワードで3ページ目、4ページ目あたりに細々と表示されていることがわかります。

中にはインデックスすらされていない記事も出てきています。

このように、同じ内容、同じ結論でも、SEO効果を最大限に高める記事コンテンツの作り方を無視してしまうと、結果は明確に分かれてしまいます。

私自身、この結果には非常に驚きを隠せませんでした。

★SEO対策を施さないコンテンツは情報の中に埋もれる

この結果からわかることは、検索ユーザーのことを考えたコンテンツを作成することが第一で、その他の施策は、ウェブのルールに則って、検索ユーザーが読みやすいように記事を構成し、Googleが適切に評価をくだしやすいように設計していかなければどんなにユーザーファーストの最高のコンテンツを作成しようが意味がなくなってしまうということです。

つまり、同じコンテンツでも、コンテンツの作り方によって検索エンジンで上位表示される確率が変わるということがはっきりとみてとれます。

ステップ2のSEO効果を最大化せるための施策のことを、私は「ウェブライティング」と言っていますが、ライティングとウェブライティングの違いを正確に理解して、単なるライティングではなくSEOを意識した「ウェブライティング」によってコンテンツを作成していく必要があります。

SEO効果を最大化させるウェブライティングについては、SEO効果を最大限に高めるために肝となる部分で、大事なことなのでまた別の機会に改めてお話しします。

今回はSEO効果を最大限に発揮させる、ユーザーファーストの最高のコンテンツについてここから内容を掘り下げていきます。

★ユーザーファーストの最高のコンテンツとは

では、ここで改めてユーザーファーストの最高のコンテンツとは、どのようなものなのかについて共通認識としてまとめていこうと思います。

一言で言えば最高のコンテンツとは、ユーザーの悩みや問題をコンテンツによって解決できる状態に導くコンテンツのことを言います。

またユーザーファーストの最高のコンテンツとは、ユーザーが問題を解決し、さらに、そのうえをいく解決策を提案したり、ユーザーの意思で決定できる状態に導いいてあげることのできるコンテンツのことをいいます。

つまり、ユーザーはどんなことに悩み、どんな問題を解決しようとしているのかを事前にリサーチし、それに的確に応えられるコンテンツを作成する必要があります。

▼解決策は複数のコンテンツにまたがっても良い

もちろん1つのコンテンツで全てを解決できればいいですが、そうでない場合もあります。

1つのコンテンツに複数のメッセージを込めると、結論がぶれ、言いたいことが複数あるコンテンツになってしまうからです。

その場合は、リンクを貼り、別の記事で、それぞれの問題に対する解決策を提示していきます。

どんなに良質なコンテンツを作成したとしても、1つのコンテンツに複数のメッセージを込めたコンテンツはユーザーの信頼性はもちろん、Googleから適切な評価を受けにくくなってしまいます。

つまり、1つの記事に2つ以上のメッセージが来てしまうとユーザーとGoogle、双方にとって好ましくありません。

1つのコンテンツで届ける結論は1つに絞るべきで、結論が2つ以上あるとユーザーはもちろんGoogleがそのコンテンツが言いたいことをわかりにくくなってしまいます。

ユーザーもGoogleも混乱してしまうのです。

★SEO効果を最大限に高める品質の高いユーザーファーストのコンテンツの作り方

ユーザーファーストの最高のコンテンツを作成する上で、誰に向かって書くのかということは非常に大事です。

誰?というのはもちろん悩みや問題を抱えている相手なのですが、その相手はどんな人物なのかを、はっきりと目に見えるように具体的にしていく必要があります。

多くの人はここでペルソナを使いますが、私はペルソナを使うよりも、より具体的に思い浮かべることのできる相手を想定することが大事だと思っています。

もちろん、ペルソナを否定しているわけではありません。

私自身、ペルソナを使うこともありますが、どこか対象となる相手が見えづらくボヤッとしてしまうことが多いように思います。

それよりももっと身近な相手を意識して、身近ない相手に向けて、コンテンツを作成していくことでより、いいコンテンツになりやすいように思います。

★SEO効果を高めるコンテンツを作るために意識する相手

私が最高のコンテンツをの品質を高める上で、意識している相手は下記の3つの相手です。

1:自分自身に向かって書く
2:自分の大切な人に向かって書く
3:両親や子供に向かって書く

いずれの相手に書く場合に置いても、必ず「1人のあなた」に向かって書くように意識して書いています。

▼1:自分自身に向けて書く

まず第一の方法が、自分自身に向けて書くという方法です。

自分がその悩みや、問題を抱えていたとして、そのコンテンツで十分なものになっているのか?そのコンテンツはふさわしいものになっているのか?十分な解決策を提示してあげられているか?知りたい情報はきちんと整理されているか?などを意識して書いています。

客観的に考えるとき、自分自身という相手を想定するのが私は一番だと思っています。

自分が納得のいく、満足のいく内容である場合は、何度も修正を加えて、より強いものとしていきます。

▼2:自分の大切な人に向かって書く

次にオススメなのが、自分の大切な人を想定して書く方法です。

例えば自分の恋人や妻などの大切な相手が、その問題に頭を抱えていて解決したいと考えている場合、どのようにして伝えてあげれば、より解決に導いてあげることができるだろうか?ということを意識して記事コンテンツを作成していきます。

どのような順序で、どのように伝えてあげれば、納得してもらえるのかを実際に目の前に相手がいることを意識して、思い浮かべながらコンテンツを作成していきます。

▼3:親や子供に向かって書く

最後に親や子供に向かって書く方法もオススメしています。

先ほどの自分の大切な人に向かって書くという方法と似ていますが、それよりも少し気を使う相手に向かって真摯な姿勢でコンテンツを作成していきます。

悩みや問題を丁寧に解決できる方法を伝えたいという時に私はこの方法を使って書いていきます。

★SEO対策として最高のコンテンツを作るにはたった一人のあなたに作成する

よくコンテンツがぼやけてしまう例として、複数人に対してコンテンツを作成しているということです。

もちろん、そうした意識も大事なのですが、それよりも「たった一人に誰か」に対して記事コンテンツを作成した方が、経験上、より伝わりやすい記事になるように思います。

またそうした記事は、「たった一人の誰か」以外の相手にも波及して伝わり、強いては対象となるターゲット以外の顧客に対しても届くようなコンテンツになっていきます。

★SEO対策でもっとも重要なのは常に最高のコンテンツを提供することを心がけること

様々なことをお話ししてきましたが、SEO対策でもっとも大事なことは、常にユーザーファーストの最高のコンテンツを提供することです。

何よりも、先立って考えることは検索ユーザーに最高のコンテンツを提供するということであることは見失わないでください。

細かい施策については後の記事でお話しします。

SEO対策って何?SEO対策の本質を掴み、ブログやサイトで集客する方法

今回はSEO対策の本質についてお話ししていこうと思います。

巷ではSEO対策として様々な方法が提唱されていますが、僕の考えるSEO対策は非常にシンプルです。

後ほど、体系的にまとめたものを書いていこうと思いますが、今回の記事では、ざっくばらんにSEO対策について僕が思うことを話していこうと思います。

★SEO対策をする上での基本的な考え方について

世の中にはSEO対策だとか、いろんなところで語られていますが、基本的な姿勢として、僕は本来SEOは特別な対策を施さなくてもいいものだと考えています。

対策を施さなくてもいいものだというと語弊がありますが、要は前提としてSEO対策は検索しているユーザーが求めている情報を探しやすいように施すものであり、それ以上でも、それ以下でもないというのが僕の考えです。

つまり、目的地にたどりやすくしてあげるように言葉を考えていけば、自然とSEO対策となる・・・というのが僕の持論です。

★SEO対策の本質は、検索ユーザーのことを考えてコンテンツを作ること

例えば、検索エンジンを利用して、検索するユーザーはSNSなどからくる集客と違い、自分で、その悩みに関連する言葉を調べて、自分の意思でたどり着きます。

そうしたユーザーに向けて、自分の記事(コンテンツ)を役立つようにする。きちんとユーザーが満足できる記事を届ける。これが大前提としてあります。

そして、その記事(コンテンツ)を対象となるユーザーが見つけやすいようにする。じゃあどうすればいいのか?どうすれば記事(コンテンツ)を見つけやすくすることができるのか・・・ということを考えていくことが真のSEO対策につながるものだと思っています。

わかりやすい例は、この後お話ししますが、コンテンツをどのような人に届けていきたいのかという視点に立って考えると、関連のキーワードなどもどんどん出てくるので、特別なSEO対策を施さなくても、結果的にSEO対策を施しているということになるというのが持論です。

(ただし、ライティングと【ウェブ】ライティングは違うということをしっかりと意識して、コンテンツを作成していく必要があります。このあたりの違いについては今後の記事でお話しさせていただく予定です)

本質を見失うと、間違った方向に進んでいってしまいますので、しっかりと本質を捉えた上でウェブで集客をしていく必要があります。

★目的地から逆算してコンテンツを作る

例えば、一人旅を経験されたことがある方なら共感していただけると思うのですが、目的地(ゴール)さえはっきりしていれば、そこまで、どうやっていけばわからなくても、なんとかたどり着けるものです。

その目的地を意味する言葉を散りばめて、人に聞いていけば、なんとかなるのです。

例えば今、カンボジアのアンコールワットに行きたかったとして、地名である「シェムリアップ」という町の名前を知らなくても、アンコールワットに行きたいという意思を誰かに伝えれば、現地で聞いていくうちに、対象となる言葉に対する関連キーワードを拾うことができます。

そうやって現地で聞いているうちに、シェムリアップという場所にアンコールワットがあるんだということがわかり、次にどのような手段があるのか、バスなのか、飛行機なのか、船なのか、という手段の話になっていきます。

SEOもそれと同じような形で、商品やサービスに付随するキーワードを拾っていき、コンテンツを企画し、コンテンツの中に上手に散りばめていけば、遅かれ早かれ、自然と検索エンジンに引っかかるようになります。

もちろんどうやってキーワードを拾い、どのように認識するのかは、検索ユーザー次第、表示させるのはグーグルの気分次第ということもあります。

だから、必ずしも狙ったコンテンツが上位を表示できるわけではありません。

コンテンツ作成者が意図していない方向でコンテンツがユーザーやGoogleに評価され、意図しない結果になることもあるからです。

ただ検索ユーザーに対して、自分のコンテンツがどのようなものであるのか、どのようなユーザーの役に立てるコンテンツなのかをしっかりと明示して、足並みを揃えることはできます。

そうした対策を施すことで、自分のコンテンツとなる対象を引きつけやすくすることができ、次第にコンテンツを利用するユーザーとコンテンツを評価するGoogle両者に、あなたが提供するコンテンツは、どのようなコンテンツであるのかを再評価してもらうことができます。

また、検索ユーザーをはじめ、Googleがどのようにサイトやコンテンツを認識しているのか、それをグーグルが提供するサーチコンソールなどを利用して確認していき足並みをそろえていきます。

★SEO対策とは来て欲しい人が見つけやすくすること、逆算して考えることが大事

だからこそ、「どうやって集客をするのか」ということを考えるよりも、あなたのコンテンツ、または商品やサービスが、どんな人の役に立って、どのような悩みを解決するようなモノなのか、そこをまずしっかりと掘り下げて考えていく必要があります。

そして、そうした「本質」に目を向けて、そこから言葉(検索キーワード)を紐解いていく必要があります。

つまり、あなたの商品やサービスを必要としている人は、どのような言葉を使って検索をし、どのようなことを解決してあげられるものなのかをしっかりと設計し、サイト内に組み込んでいきます。

極論すれば、そのように、みてもらいたい人、コンテンツを必要とする人が検索するときに必要となる言葉をウェブサイトに散りばめていってコンテンツを作り上げていけばそれだけでSEO対策になります。

★ただしSEO対策として、検索されやすい言葉を使うことが大事

ただし、ビジネスとして成立させるためには、検索ボリュームのことも検討していく必要があります。

検索エンジン上で全く検索されない言葉を使っても全くもって意味がないからです。

そうした場合は、対象を広げて、関連性の高い言葉(キーワード)を使ってコンテンツを作成していく必要があります。

つまり、ターゲットとなる顧客が、検索しそうなキーワードを意図的にズラして、たどり着きやすい(探しやすい)ようにしてあげます。

また、現在の状況では何をやっても、どんなに対象となるユーザーの役にたつコンテンツ(商品やサービス)だとしても、ウェブ上には検索上位に表示することができない、または難しい市場もあります。

そうした場合は、そうしたキーワードを避けて、ズラして、コンテンツを設計していく必要があります。

★ただしSEO対策として見つけやすくする工夫をすることは大事

また、現在は、ウェブの環境も変わってきており、ユーザーの役に立たないコンテンツにSEO対策を施し、不当に上位表示させる方法などが横行しています。

だから、そうしたユーザーの役に立たないコンテンツを検索結果から排除するために、グーグルアップデートが行われ、検索エンジンの最適化が行われます。

つまり、検索結果が検索するユーザーにとって、真に役にたつ情報であるように常に最適化を測って定期的にアップデートされています。

色々とお話ししてきましたが、ウェブにはウェブのルールがありますので、最低限ウェブのルールを抑えてどのようにしてコンテンツを作成していけば、ユーザーにとって欲しい情報を伝えることができるのかをしっかりと認識しておく必要があります。

★SEOは対策を施せば施すほど不自然になる

それに、SEOは対策を施し、ガッチガチに固めれば固めるほど、サイトとして非常に不自然になります。

現在のGoogleはそうしたサイトを嫌います。

Googleは恣意的なものを嫌うのです。

Googleはナチュラルなサイトを好む傾向があるので、SEO対策だと意気込むほど、不自然なサイトになっていき、結果的にSEO対策ができない不自然なサイトが出来上がってしまいます。

★SEO対策の本質はユーザーのことを真剣に考えること(全てはユーザーのためという視点を持つことが大事)

とりとめもなくSEO対策についてお話してきましたが、今回の記事のまとめに入ります。

もちろんビジネスですから、綺麗事を抜きにして、時にユーザーにとって不利益なこともあるでしょう。

ただし基本的な姿勢としては、ユーザーのことを考えて、ユーザーの役にたつコンテンツを作成する。SEO対策とは後にも先にも、これ以上でもこれ以下でもありません。

具体的にどのようにして、僕がコンテンツを作成しているのかなどについてはこれからの記事で書いていきますので楽しみにしていてください。