環境のせいにするなの言葉としての違和感

「環境のせいにするな」とは、会社員時代に、直接的じゃないにしても間接的に良く言われていたものです。

要するに「環境のせいにするな」とは、自分が力が発揮できない理由を周りのせいにしてはいけないよという意味なのですが、私はかねてからこの言葉に疑問を思っています。

「いやいや、そうはいっても環境も大事ですよ」と私は思っています。

今回はメディアに触れて、少し疑問に思ったので、「環境のせいにするな」の考えについて少しお話ししていこうと思います。

「環境のせいにするな」という言葉の違和感

私は、この「環境のせいにするな」という言葉をきいたとき、一方では、「そうだよな」と解釈することもあれば、「そうじゃないよな」と解釈することもあります。

なんというか、状況などを深く考えずに「環境のせいにするな」という言葉を使っている人を見ると、痛々しく思えることがあります。ただ、なんでも一括りにまとめて「環境のせいにするな」というのは、やはり適切ではないと思うのです。

そもそも多くの場面で言われる「環境のせいにするな」とは所詮、非常に少数派である強者の論理であり、そこに弱者の意見は反映されていません。

仕事に限って言えば、上手く行く人、もしくは上手くいった人というのは、全体からみればほんのわずかな数であり、確率的に見れば非常に少数派のはずです。

そこには、偶然が重なり運良く大成できた人や、全体の流れや波にたまたま乗ったことで、偶然上手く行った人も含まれます。要するに確率論の問題であり、全体からみればごく一部の人の意見です。

その中でも、私が一番残念に思うのは、本当に、ただ運がよくて偶然上手く行った人の意見です。もちろん何かを成し遂げるには「偶然」や「運」の要素が大きいということは、否定することは出来ませんが、なかには、どう考えてもたまたま上手く行ったひとが存在します。

本当に、たまたま時代が味方しただけだったり、ただ通り道に立っていて、たまたま偶然が流れ込んできただけだったり、偶然の種類は様々ですが、共通して言えることは、自分から掴みにいった偶然ではなく、本当にたまたま行き当たった偶然だということです。

面白いことに、多くのメディアでは、そういう方を、よりもてはやす傾向があります。

なぜなら「稀」だからです。そして不思議なことに希少な意見ほど強い影響力をもちます。

そうした、少数派の意見というのはマスコミから見れば非常に希少価値が高いため、それを全体の枠に媒体などのメディアを通して私たちに触れるように、無理矢理投下されます。

そして、上手く行っている人、もしくは上手くいった人というのは、何かしらの「共通体験」をしているため、自身の経験と勝手にそれに結びつけて、「この人の言っていることはごもっともだ」という風に解釈します。

そのように、意見がどんどん同調し、やがてはそれが真理であるかのような流れになっていきます。

単純に「環境のせいにするな」という意見にすることに否定的な私自身も、なんとなく共通項をみつけ、「そうだよな」と、頷くこともありますからその影響力は絶大です。

ただ、ふと冷静になって考えてみると、多くの場合、言っていることはもっともだけれども、いささか単純化しすぎたり、一括りにしすぎたりしていないかと思ったりします。

私たちはメディアは常に本当のことを言っていると思いがちですが、メディアは真実を伝えているように見えて実は事実を歪曲して伝えています。

例えば番組を制作しているテレビ局の方に話を伺ったことがあるのですが、ドキュメンタリー番組を制作するにあたって、面白くする為に、基本的には、わざと困難を描き、提示された困難に対して悩みもがき立ち向かっている姿をみせ、最後には困難に打ち勝つ、または困難から何かを得て、さらに高みに望んでいくという構成をされるそうです。

もちろん事実を淡々と描くよりも、この方がストーリー展開として引きつけるものがありますし、視聴者からすれば面白くなります。結果的に面白ければ、数字を取ることに繋がりますから、そのように番組が展開されます。

もっと言えば数多くの伝記などもこのような手法がとられています。映画でもドラマでもそうですよね。

そして、さらに複雑にしているのが、困難というのは誰もが持っている共通体験であり、それを見ている視聴者は、困難に立ち向かっている人に無理矢理自分を重ね合わせます。物語の主人公と共通体験を持ち、共感をすることで、自分をそこに投影するわけですからだから、自然に引き込まれ面白くなっていくのです。

わかりやすくシンプルな言葉というのは、非常に心にずしんと来るものがあり、そこから勝手に何かを連想し、自分の体験と結びつけ、共感し、やがてそれが真理となっていき、やっぱり上手く言っている人だったり、成功者の言うことは違うよな・・・となっていきます。

ですが、そこにはやはり無理があるよな・・・と思うのです。

環境の影響は生物に多大なる影響を与える真理

例えば、生物全般に言えると思うのですが、自然界には環境によって育つ生物と育たない生物が存在します。草木をみればそれは明らかだし、人間以外の動物をみても環境に適応できないものは、やがて死に絶えていきます。

人間だけが違うというのはいささか傲慢な意見であり、やはりものごとの本質をあらわしていないと思うのです。もちろん人間は他の生物と違って、頭を使うことによって変革を起こしたり、気に入らなかったら場所を移動することも出来ます。

ですが、多くの場合で使われる「環境のせいにするな」とは、「今ある環境の中で」ということを前提として使われていると思います。

そこで私は思うのです。ビジネスでもそうですが、環境(市場)が悪ければどんなに頑張っても成果を掴むことが出来ませんよと。

そもそも「今ある環境の中で」の時点でこの論理は、破綻していると思います。

ここまで言っておいて、では、なぜ「環境のせいにするな」という言葉にひとすじの理解を示しているのかというと、一方で人を統率する為にはそうした、単純化した影響力の強い言葉が必要な時もあるからです。

人間を含め、生物は多種多様ですから、組織の中で生きていくには、何かしらの画一性が求められます。同じ方向を向いていないと本来の力が発揮できないことがあります。だから、組織を統率する上で、鼓舞する為にはそう言う言葉が必要な時もあるのです。

また「環境のせいにするな」ということで、自分の行いを振り返ることも出来ます。本当に自分のやっていること、やってきたことは正しかったのかなど振り返ることに繋がるからです。

全てが全て「環境のせいにするな」に、あてはまるわけではありませんが、やっぱりこの言葉が大事だと思うこともあるのです。

ただし私が思うに、この言葉を使っていいのは、きちんとこの言葉の背景を知り、意味を理解している人だけだと思います。

皆一様に、「環境のせいにしては行けない」という言葉を使っている「今の環境」には、やはり違和感しか残りません。

仕事について考えてみました

今、息抜きがてら、スターバックスでこの記事を書いていますが、ふとパソコンから目をあげると熱心に本を読んでいる人がいたり、スマホをいじっている人がいたり、パソコンに向かって仕事をしている人がいたり、おばちゃま達が大笑いでお喋りしていたり、黒いスーツに身を纏った人が、商談らしきものをしていたりと、みな様々な生活をしています。

そんなとき、ふと「仕事とはなんだろうと」思い立ったのでこの記事を書く事にしました。

仕事とはなんだろう

「仕事とは」なんなのだろうと、ヒントを得る為に、インターネット上で仕事について調べると以下のような説明文が出てきました。

デジタル大辞泉によれば「仕事」とは・・・

《「し」はサ変動詞「す」の連用形。「仕」は当て字》

1 何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。「やりかけの仕事」「仕事が手につかない」
2 生計を立てる手段として従事する事柄。職業。「将来性のある仕事を探す」「金融関係の仕事に就く」
3 したこと。行動の結果。業績。「いい仕事を残す」
4 悪事をしたり、たくらんだりすること。しわざ。所業。「掏摸 (すり) が集団で仕事をする」
5 《「針仕事」の略》縫い物。裁縫。
「お前急に一つ―をしてくれんか」〈紅葉・多情多恨〉
6 力学で、物体が外力の作用で移動したときの、移動方向への力の成分と移動距離との積。単位はエネルギーの単位ジュール、その他ワット秒・ワット時など。

と、でてきます。

確かに仕事とは何かをつくり出したり、成し遂げる為の行動だなぁと感じたり、確かに仕事によって生計を立てているなぁとおもったり、業績の事だったりしますし、別に悪事は企んでいませんが(笑)、ここに並べられた言葉は、言い得て妙だと思います。

でも、この言葉を読み、なんかスッキリしないモヤモヤとした感情が私の中にあり、改めて仕事って何だろうと自分の中に落とし込む事にしてみました。

私にとっての「しごと」

前回の記事「BOHEMIAN  DAYSについて」でもいいましたが、確かに私は、自由気ままに仕事をしていますが、わたしにとっての仕事の意味は少し違うなぁと感じています。

私にとっての仕事とは何なのだろうと考えた時に、別に大それたことをいうわけでもなく仕事は「生活の一部」という言葉にいきあたるからです。

この辺りのニュアンスを伝えるのが大変難しいのですが、さあ仕事をするぞ!と意気込んで仕事をする訳ではなく、生活の中にゆるやかに仕事があるイメージです。

生活している中で自然と仕事をしているイメージと言ったら良いのでしょうか・・・もちろん、私もパソコンを使って仕事をしていますから、たとえ場所関係なく仕事をしていようが、クライアントとの対応を含め、仕事をしている時間はほとんどの場合、パソコンに向かっています。

ただ、こう嫌嫌仕事をしているわけでもなく(嫌な時もあります)、誰かに言われて不承不承タスクをこなすわけでもなく(気が進まない時もあります)、生活の中で自然と仕事をする時間をつくっているイメージです。

時に頭を抱えて、あーでもない、こーでもないと自問自答したり、仕事がはかどらない時もあったり、その辺は多分、世間一般の方と一緒なのではないかと思いますが、拘束されないという部分では違うのかなと思ったりもします(拘束される時もあります)。

また、私も世間一般の人が思うように、仕事をするのが面倒くさいと思うこともたくさんありますし、仕事に疲れたなと思う事もあります。あ〜息抜きが必要だな、と思う事もあります。

それでもやらなくちゃいけない時もありますし、矛盾しているようですが、仕事に対して、「さあやるぞ!」気合いをいれることもあります。

ただ、決定的な違いが合って、私には仕事をしているという感覚がほとんどないんですね。

良くも悪くもオンとオフの境目がありません。

仕事のオンとオフとは

周りからはそうは見えなくても、常に仕事モードだと言えばそうだし、常に自由きままにしていると言われれば確かにそうです。

こんなことを言うと、会社勤めをしている方からは批判が出そうですが、私の場合オンとオフの切り替えがはっきりしていません。ですから常に仕事のことが頭にありますし、かといって無理矢理、仕事をしているわけではありません。

私も会社勤めをしていたことがありますから、よくわかりますが、世間一般的な会社員として、会社で働く感覚とはまた違った「しごとのイメージ」です。

会社勤めをしている時に、上司からオンとオフの境界がないひとが一流だ・・・的なことを言われた記憶がありますが、私が一流かどうかは別として、確かに一流と呼ばれる人はそう言う感覚なんだろうなということが今ならわかります。

なぜなら、仕事をすることが「生活の一部」であり、仕事が生活に組み込まれており、仕事をすること自体、それが「自然」なことだからです。

ただ、ここには決定的な違いが合って、両方経験している私として言えることは、会社員として働く方は私のような生き方をすると確実に体を壊すと思います。

確かに会社勤めをしている方の中でも、生活の一部として仕事をしている方はいらっしゃいますが、多くの場合、会社勤めをしている方はそうした働き方をすると精神的に負荷がかかり、やがて体を壊すと思います。

つまり、両者は仕事に対する感覚と、その意味あいが全く違います。

だからこそ、成り立つ論理であり、それを無理矢理一括りで「オンとオフの境界を作るな」・・・というのは、本来変な話なのです。

会社勤めの方は、特にですが、オンとオフの切り替えが大事なこともあります。「こともあります」、というかオンとオフの切り替えが大事といってもいいかもしれません。多くの場合、もみくちゃにされて、非常にストレスフルですから。

そんなことをいいつつも、実際、会社員として働くことは組織の一員として画一的なものが求められますから、一括りにしてしまうのも仕方ない部分もあるのですがね。

会社員として働く時に、みんながみんな私のような働き方をしてしまうと、上層部からは統率がとれないという問題も生じるでしょうし、なかなか難しい局面が多いからです。

私のような働き方をしている方と会社勤めをされる方は、多分、同じ職業であろうが、同じことをしているようにみえて、別々の職業であり、職種であり、さらに言えば別の人種なのでしょう。

双方経験している私の考えによれば、両者は考え方も違えば、仕事の進め方も違いますし、そこに求められるスキルや精神的感覚、ほとんどが別ものだと言い切ってしまっても問題ないと思います。

・・・と息抜きにしては随分と長い記事になってしまいました。

仕事にもどります(笑)

BOHEMIAN DAYSについて

今日から記録を兼ねて、個人のブログを書く事にしました。

忙しい1日の終わりに、ブログを書く時間をつくって1日をゆっくりと振り返り、ゆるく過ごす時間をつくっても良いか・・・なんて、今少し思っています。

別に誰にみせるでもなく、自分の為に書いているわけですが、1日1日を日々せわしなく生きる中で、こうして、サクッと振り返る時間も大事なんだろうなと思い立ち、今日から記録をつけることにしました。(ただし、毎日はつけられないと思います)

「自分の為」とはいいつつも、ネット上にアップするわけですから、当然誰かの目に留まるでしょうし、「自分の為」とはいいつつも、当然、画面の奥のほうの誰かに向かって書く事になるでしょうが、この場所ではそういったことを少し気にしつつも、ちょっとだけ気楽に書いていく事にします。

いつまで続くのかはわかりませんが、時間が許す限りは、この場所を使って、ゆるりと記録を残していこうと考えています。

BOHEMIAN DAYSとは

このブログのタイトルは「BOHEMIAN DAYS」と言いますが、少し適当で、少し本気でタイトルをつけました。

「BOHEMIAN(ボヘミアン)とは何か」を、説明をするのは少し難しいのですが、古くはジプシーと呼ばれてきた少数民族ロマのことであり、移動生活者のことをさします。

もちろん、私はジプシーでもなければ、ロマでもなく、ましてやボヘミア人でもありません。

この文章を書いてる事からわかる通り、私はれっきとした日本人です。また、私は結婚し妻もおり、さらには子供もいて、現在しっかりと定住をし、日々の生活を送っているため、古い意味でのボヘミアンではなく、漂流民族ではありません。

ではなぜ「BOHEMIAN(ボヘミアン)」という名前をつけたのかというと、現代の「BOHEMIAN(ボヘミアン)」とは、昔とは、意味が違ってきていて、「社会の規範に縛られる事なく、自由気ままに生活する人」のことをさしているからです。

そして「DAYS(日々)」というタイトル通りに、私は現在ある意味で、社会の規範に縛られる事のない生活をしており、自由気ままに生活している(ようにみえる)ため、「BOHEMIAN DAYS」とタイトルをつける事にしました。

BOHEMIANという言葉との出逢い

私が「BOHEMIAN(ボヘミアン)」という言葉を初めて耳にしたのは、今から10年以上前になりますが、当時は、そんな生き方に、私も淡い憧れを持っていました。

「あぁ、あんな世界を渡り歩く生き方がしたいな・・・」と。そして「自分もいつかは国々を渡り歩き、ロードームービーを気取って流れるようなカッコイイ生活をしてみたいな」と。

しかし、私も少々年をとりました。

私は、年齢で言うと30代半ばでこれからの世代ですが、淡い憧れを抱いた時から10年以上が過ぎ、結婚し、子供が生まれたということもあって、例え経済的には可能であっても、なんとなくそんな無理がある生き方に不思議と距離を置くようになりました。

私も、旅人の端くれで、一時期は国々を渡り歩くような生活をしたことがありますが、実際自分でしてみて、振り返ると、この生活を長く続けるのは無理があるよな・・・と考えるようになったためです(実際やってみないとわからないですが、漂流するのは意外と大変なんです)。

それよりも、ひとつの場所、もしくは2つの場所でしっかりと根を張り、行ったり来たりする生活の方が、より充実した生活を送る事が出来るのではないかと考えるようになりました。

こうした変化は、いろいろなものを広く「見たり」「聞いたり」するよりも、ひとつのことに向き合いじっくりと骨の髄まで味わいたいという方向に考えが変わった為ではないかと思います。

もちろん人それぞれに「生き方」があり「理想のライフスタイル」があるでしょうから、旅をしながら生活をするライフスタイルを否定はしません。また仕事でも何でもそうだと思いますが、時にはなんでも広く知るということが大事な時期もあると思います。

ですから、そういう生き方もありだと思います。また、私も今後自由に国々を渡り歩く生き方に胸膨らませ期待を抱くようになるかもしれませんが、今の私では、そのようなライフスタイルは考えられないというだけです。

自由とは○○である

先ほど、私は「自由気ままに生活している(ようにみえる)」と書きましたが、確かに私は、他人からみれば「自由気ままに生活している」ように見えると思います。

仕事は全てインターネットを使い、クラウド上で完結できる仕組みにしているため、働く場所を選ばないですし、ホテルで仕事をする事もあれば、カフェやラウンジで仕事をする事もあり、現にこれを書いているのは自宅のデスクです。

時間を見れば、今、午前0時過ぎですが、決まった時間に働くこともありません。また働く時間も決められていませんし、自分で働きたい時に働く生活を送っています。

おそらく、他人から見ればこんな働き方を「自由」と呼ぶのでしょうが、一方で私はそんな言葉をきくたびに「う〜ん」と首を傾げる事があり、「自由とはなんぞや?」と疑問に思う事があります。

「自由」という言葉の響きには、なんとなく「プラス」の意味が隠喩されていますが、全然そんなことはありません。

多分がっかりしますよ。「自由」を知ると。いろんな「責任」が一気に溢れ出しますから。

私は「自由」とはなんだと言われた時には、自由とは「責任」だと思っています。確かに自由にはプラスの要素も多いですが、常に責任が問われ、不安がつきまといますし、保証がないからです。

確かに会社員の方にも保証がないと言えば、そうなのですが、おそらく生き方の問題なのでしょう。そこにいる間は気がつかないのかもしれませんが、実は一般的な企業に属する会社員の方は、いろいろな保証に守られて生きています。

もちろんそれによって失うものも多いですが、保証されているという事実には目を背ける事は出来ません。

だから、どちらの生活がいいのかということは一概には言えないと思います。

選択する自由

ただ、私の個人的な見解を述べれば、本当の意味で、もっと選択できる生き方を選択してもいいと思います。もっと柔軟に働き方を選んでも良いのになぁと思う時もあります。

もちろん、私のように自由に働く生き方をできるひとはごくわずかな限られた人であるということは承知の上です。個人の力で働くということは、非常に難易度の高い仕事で、簡単ではありませんし、一定期間の修行が必要だからです。

かくいう私も、こうした、世間一般的な言葉で言う「自由なライフスタイル」を手にいれるためには非常に時間がかかりました。もの凄く遠回りもしましたし、たくさんの失敗をしてきました。

ただ、今となってはそれも必要な道だったのかなと振り返る事が出来ています。

ものすごく便利だけど、ものすごく不便な世の中

ものすごく便利な世の中になった一方で、ものすごく不便な世の中になったなぁと思います。

インターネットの登場により、一気に世界が狭くなり、様々な情報を手軽に手にいれる事が出来る一方で、その真偽は定かではなく、その情報の精度を確かめる為に、莫大な時間がかかるというよくわからないことになっているなとも思います。

そして、それらを調べるたびに思う事は、ただ道具が進化しただけで本質的なものは何も変わっていないんだなと思います。

伝統的なものは経済によって衰退し、本来のものが本物ではなくなり、ニセモノが本物となる少しおかしな世の中だなぁとも思います。

言葉はどんどん軽くなり、物事の本質は失われ、経済ばかりが優先し、言葉だけが先走りする変な世の中だと思います。

結局何を言いたいのかわからなくなってしまいましたが、BOHEMIAN DAYSは今日から不定期で更新していきます。