仕事をする場所について

最近はこうして、BOHEMIAN DAYSを更新するのが楽しくて仕方ありません。

なかなか仕事がすすまない時などは、私は決まってBOHEMIAN DAYSを活用するようにしています。

たぶん、こうして書くことで私の頭の中の考えが、言語化でき、落とし込むことが出来るので、スッキリするのだと思います。

吐き出すと、頭がスッキリしますから、その空いたスペースに新しい情報を取り込むことが出来たり、ストレスを軽減できたり、BOHEMIAN DAYSを更新することで、好循環を生んでいる気がします。

今は、どのような方が読まれているのかわからないので、好きなことを書いており、趣味的な位置づけにはなっていますが、今後は少し方向性を変えていく予定でもいて、それは、つまり、何かしらに特化したWEBメディアに育てていく予定です。

プランはありますが、まだそれを実現するのにはほど遠く、しばらくはこうして思いのたけを書いていくメディアとして活用していく予定です。

・はたらく場所について

私は普段カフェやホテル(ラウンジを含む)、旅館など外出先で仕事をすることが多いのですが、これには大きな理由があります。別にカフェで働く姿がカッコイイからというようなことではなく、単純に仕事の効率の問題です。

はたらく時間、働く場所にこだわりを持っていなく、極端なことを言えば自宅でも仕事はできますが、効率という面で見ると、はるかに自宅以外の場所の方が捗ります。

単純に集中できるのです。

もちろん自宅の方が作業効率が上がる場合もありますが、その多くは深夜です。

深夜に仕事をする場合は、自宅で仕事をすると非常に捗る場合もあります。

何故なのかと言えば、それだけをやる理由が出来るのが大きな理由だと思います。

多分私がカフェや、ホテル、旅館などで仕事をするのも、そうした場所の方が、仕事に集中できることを知っているからなのかもしれません。

いろんな人の意見を見ていると、わざわざ「カフェで仕事をしなくても、自宅でしていろ」という意見を時々目にしますが、たぶん私のような働き方をしたことがない人なのだと思います。

私のような働き方をしていると、やはりカフェやホテルのラウンジなど会社や事務所、自宅以外の場所は非常にありがたいスペースです。

逆に、何も仕事ができない場所もありがたい存在です。つまり、パソコンを開けない場所や、電子機器の利用が認められていない場所です。

仕事をクラウド化しているため、良くも悪くもインターネットに繋がる環境さえあれば仕事ができてしまいますから、そうした「繋がらない場所」は、本当に貴重です。

そう言う場所では、振り返る時間に使ったり、今後の方向性を確認したり、要するに「考える」時間に活用しています。

普段生活している中で、電波が届かない場所はほとんどないですからね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*