家族で紅葉の森へサイクリングに行ってきました!

天気が良かったので、妻と娘を連れて紅葉の森へサイクリングに行ってきました。

実は、現在5歳の娘は今年の1月に、自転車に乗れるようになったのですが・・・。

本当のみこみが早くて・・・パパびっくり!

なんと!なんとですよ!今年のお正月に練習をはじめて、たったの2・3日でコツをつかんで・・・本当あっという間に自転車に乗れるようになったんです!

本当ちょっと支えただけですよ!ちょっとだけ自転車を持ってあげて、支えただけなんです!それだけなのに・・・本当にあっという間!すごくないですか!!うちの娘天才!パパびっくりです!←2度目(笑)

将来は自転車の競技でオリンピックに出るのかなぁなんて思っています←親バカ炸裂(笑)

多分、世界一の選手になるんだろうなぁ・・・(感涙)

そんな話はおいておいて・・・。

まだ紅葉には早いかなぁと思っていたのですが、意外や意外、樹種によってはすっかり色づいていたりと、ものすごく楽しむことができました!

サイクリングコースを外れて森の中を散策

カエデはちょっとばかり色づいていました

落ち葉が綺麗

気候が良く、本当気持ちが良い!

木陰に入れば寒いくらいです。何より風を切って走るのがすごく快適!

サイクリングロードを駆け抜ける娘。パパ感動(笑)将来はオリンピック選手です(笑)

案の定、家族で楽しむことに夢中で、たいして写真を撮っていません。

もともとブログに書く予定もなかったものですから、写真をあまり撮っていないんです・・・。

・・・すまぬ。

雲ひとつない青空

でも、娘を見ていると、本来、人ってこうやって成長するものだよなって思います。

まず失敗を怖がらない。そして自転車なんて練習すれば出来ると思っていて、練習の前提に「できない」「乗れない」という選択肢がない。だから、やる気が違うんですよね。

大人になると、どうしても失敗してしまうのを格好悪いと思ったり、どこかカッコつけちゃったりするのですが、そういうものって本当上達の妨げになるだけなんだよなぁと娘を見ていて思います。

もちろん大人になると「できない」ことを学んだり、実際自分には「できない」こともたくさんあるのですが、「私にできないわけがない」そんな気の持ちようは成功の確率をものすごく上げるんだなぁと考えさせられます。

 

子育てをしていると、本当にいろいろなことを娘に教えられる気がします。

たまに娘を育てているのか、娘に育てられているのかわからなくなることがよくあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*