WEB資産について

私がインターネットビジネスの業界に飛び込んでから、10年以上がたちました。

今でこそ、インターネットでお金を稼ぐという行為が一般化されていますが、当時はそうでもなく、本当にできるのか雲をつかむような思いで、駆け抜けてきたのを今でも鮮明に覚えています。

どんなビジネスでもそうですが、この業界、本当に様々な人達がいます。10年も一つの業界にいると本当に様々な人たちを見てきました。

本当に、正直な方法でビジネスを運営している人もいれば、自らの欲求によってビジネスを運営している人もいます。

もっと汚い言い方をすれば、騙したり、騙されたりして、業界全体が成り立っている側面もあると感じています。

私の収益源の一つはウェブメディア運営

現在、私はインターネット上のWebサイト運営という形でお金を稼いでいますが、収益の仕組みとしてはウェブサイト内から生まれる広告費で成り立っています。

私のように、ある程度、自由に場所と時間を選ばずに、インターネットでビジネスを行う方のほとんどが、いわゆるサイト内に広告欄を設けることで収益を得ています。

もちろん中には、有料コンテンツの配信などをしていたり、特定のコンテンツの販売などをしてビジネスを行なっている方もいます。

特定の方達に向けてセミナーや塾、勉強会などを設けることで収益をあげるやり方もあります。

また、広告といっても幅広く、やり方は様々ですが、いわゆる企業様から広告費をもらい、Webサイトにバナーなどを貼り付けたり、特定のページに誘導する形のものもあれば、アフィリエイトといって、特定の成果に応じて広告収入を得るビジネスモデルもあります。

インターネットでお金を稼ぐといっても、基本的にはオフラインの仕組みとあまり変わりません。

Webサイトを資産にして収益化する

雑誌(純広告やパブ広告など)や、テレビ番組(テレビCM)広告も同じように、広告費によって成り立っています。

例えば雑誌の場合は、純広告と呼ばれる企業の商品を紹介するページや、PR型のパブ広告などがあります。

同じように、テレビ番組ではCM枠が設けられることにより、それがそのまま広告として機能しています。

Webサイトを運営して収益を生み出すことも仕組みとしては同じですが、ウェブ広告の場合は実際に特定のアクションを起こしてもらうことで広告費が算出されます。

つまり、クリックしてもらい特定のページに誘導する、または商品の売買を行ってもらうことによりお金を生み出すという形です。

私の専門分野

私が専門とするところはいわゆる「コンテンツマーケティング」です。

つまりターゲットを絞り、特定のコンテンツをインターネット上に配信することで、トラフィック(人)を集め収益を得るという仕組みです。

何かに悩んでいる、何かを解決したい、特定の情報を探している方に向けてコンテンツを作成し、コンテンツの力によってSEOを行い、検索順位をあげ、コンテンツの力によって収益を得るというビジネスモデルです。

つまりWebサイトを運営するにあたり宣伝広告費はゼロ。

お客さんはコンテンツの力により、自然と集まる仕組みを築いているので、宣伝広告費はかかりません。もちろん宣伝広告費をかける方法もありますが、私の場合は宣伝広告費をかけていません。

全てキーワード検索によるSEOによる検索結果でサイト内に人を呼び込んでいます。

ウェブメディア運営の形

Webサイト運営は、紙の媒体などの広告と違って、自分から特定の情報が欲しい方が能動的に探しサイトに来てくれます。

Webサイトを作り込めば作り込むほど、いくつもの入り口が用意され、実に様々な入り口からサイト内に訪れてくれます。さらに欲求を満たすコンテンツを用意しておけば、サイト内で解決できるものが増え、それに応じてより強い媒体になっていきます。

またお金もかかりません。

ドメイン代とサーバー代さえ用意すればすぐにでも仕組みは整えることができます。

インターネットで、Webサイトを運営していくビジネスの面白いところは、自分が直接働いていない時間も、Webサイトが働いてくれ収益を生み出してくれるということです。

やり方によっては、売り上げのほとんどが利益という形にすることもできます。

ある程度の仕組みを築いてさえしまえば、あとは勝手に収益を生み出してくれるWebサイトになるので、寝ている間も、遊んでいる間も、どこかに旅行に行っている間も、勝手に収益を生み出してくれるようになります。

その結果、文字通り「自由」な生活を手に入れることができます。

ウェブメディア運営は誰でもできるものか

では、誰でも簡単に収益化できるのかといえば、私はそうは思いません。やはり他のビジネスと同じようにある程度の専門知識と経験が必要になります。

継続的に稼いでいくためには、インターネット周りの知識はもちろんですが、文章を書いたり、文章を編集したりする能力をはじめ、いわゆるコピーライティングのスキルも必要になります。

インターネット上では、宣伝文句としてインターネットビジネスは、誰でも簡単に稼げるという謳い文句で溢れていますが、おそらくそういう方に教わったとしてもインターネットで稼ぐことは難しいと思います。

要は確率論の問題です。

ある一定の確率で、運だけで稼げてしまう人も稀にいます。本当に恐ろしいことですが、きちんとした知識も、実力もない、そんな方でも稀にぽんっと稼げてしまう方がいるのです。

ウェブメディア運営はレバレッジが効く

私はインターネットで誰でも稼げるとは言いませんし、誰でも稼げるとは思いません。

ただ誰でもインターネットを使い、稼ぐことのできる可能性はあると思います。

この世界、稼げるようになるまでがものすごくしんどいですが、一旦コツをつかめば、ノウハウを流用することができるので、いつでも好きなときに、やり方によっては好きなだけお金を稼ぐことができるようになると思います。

また不思議なことですが、稼げば稼ぐほど、物事はずっとシンプルになっていきます。

私も、自分がインターネットで稼げるようになるまでは、稼いでいる人たちは、どんなにすごいスキルを持っていて、どんなに膨大な知識を流用して、どんなテクニックを使って稼いでいるのだろうかと不思議に思っていましたが、実際に自分がインターネットで稼げるようになると、不要な知識の方が多いことに気がつきます。

コンテンツを作成するには、頭は使いますが、はじめに思っていたほど知識も必要ないという結論に至っていますし、テクニックもたくさん知っていますが、そんなに使用してはいません。

物事はあなたが思っているよりも、ものすごくシンプルで、ものすごく自由です。

だからこそ面白い。

100人いれば100通りのやり方があるし、正直につくれば100通りのコンテンツが生まれます。そしてそこに他の何物にも変えがたい価値が生まれる。

そんなコンテンツを生み出すことができる世の中になれば、もっと自由に働くことができると思いますし、肩の力を抜いてもっと楽に働くことができると思います。

世の中をお金だけで見ていると本当につまらなくなります。そうではなく、お金という存在から解放されてお金にならないことをやれる環境を築くことが、今の私たちには必要なことなのではないでしょうか。

私は今後10年を目処に、お金にならない仕事をしていこうと考えています。しかし、矛盾しているようですが、その「お金にならない仕事」をするためには、一方でお金を稼ぐ必要があります。

一方でお金を稼ぎ、一方でお金にならない仕事をする。私は今、そんなビジネスモデルを考えています。

まずはできることからだと思います。

私のような思いを持った方はもちろん、社会の仕組みからはみ出してしまった人、レールを間違えてしまった人、社会で起きた何らかの出来事が原因で息苦しい思いをしている方に向けて、このサイトが選ばれるように、インターネットで稼ぐことについて役立てていただければこれほど嬉しいことはありません。

そしてできることなら、しっかりと根を張り生活できる土台を築いた上で、それぞれがお金にならない仕事を好きにやって社会を変革していける世の中にしていけたら面白くはありませんか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*