入院生活について

毎日ではありませんが、こうして個人ブログを書くようになってから5回目の投稿です。

やってみてわかったことは、今のところは振り返ったり、自分の思いや考えをまとめるツールとしてはなかなかプラスな面も多いということです。

普段こういう時間をなかなか持てない、もしくは意識してあまり作らない生活を続けていましたから、これはこれですごく新鮮です。

入院中も仕事をしているように、「やること」や、「やらなくてはいけないこと」はたくさんありますが、私の場合、別に仕事に追われているわけではなく、自分で決めた「やること」なので、そこまで苦ではありません。

面倒くさいと思うことはありますけどね。

もっといえば、体調を壊し、入院するほど体を酷使していますが(笑)そこまでハードに働いているわけでもないと思います・・・たぶん(ボソ)

私みたいな働き方をしていると、体調を壊し入院することもあるということで、私を反面教師にしてあまり無理して仕事をしないようにしてください。

入院生活について

入院すると、「何かと振り返る時間が取れていい」と言われたことがありますが、いやいや、私の場合だけかもしれませんが、そんなことはまったくありませんよ。

今回初めて入院してみたのですが(別に入院したくて入院したわけではありません。医師の判断による強制入院です)、どうやら入院って、ただベッドに寝ているだけじゃないようです。

結構スケジュールがびっしり組まれていることに驚いています。入院患者って意外に忙しいんだと、考えを改めました。

例えば、今日の私のスケジュールは、朝6時に起床し、起きて5分後に血を抜かれ(笑)、ぼーっとしていると朝飯が運び込まれ、食べたら心電図とレントゲンを撮り、昼食、少ししてからMRI、帰ってくると面会があって、すぐに夕食、その後、多少の時間がもてますが、検温やら、血圧測定やら、不規則で入ってきます。

恐ろしいことにその後、夜9時には就寝な訳ですから、考えてみればある意味は充実した一日であり、適度に予定が積め込まれた一日となります。

また、検温と血圧測定や面会、その他諸々の確認で不定期に病室に人が入ってきますので、ゆっくりと物思いに耽る時間が思ったほどないのが現実。

どうやら、思い描いていた入院生活とは大きく異なるようです。

夜九時からは、私のお仕事タイムな訳ですが、夜中でも不定期で看護師さんが入ってくるので、迷惑にならないように、遠慮がちにパシャパシャと叩いています(その度に作業は止まります(笑))。

昨日はこんな感じで1時過ぎまで仕事をしまして、眠りについたのは夜中の2時過ぎだと思います。

朝6時に強制的に起こされ、起きて5分後に血を抜かれるわけですから、ある意味、入院している方がハードな面もあるかもしれません(笑)

入院生活ってハードだなぁ・・・、普段の生活の方がよっぽどいいなぁ・・・というと、お前だけだろ!と言う言葉がきこえてきそうですね。

私の場合は楽しんで仕事をしているので、いいとしましょう。

今日、担当医とお話をし、退院が明日になりました。

今までのペースを取り戻すのには時間がかかるし、それまではペース配分を気をつける必要もあるでしょうが、やるべきことをやり、進むべき道を進むだけですので、まわりに左右されずまっすぐに歩いていこうと思います。

今日は短いですがこの辺で。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*